TOP

和時計・天保暦

ASTI | アプリ Apps | 和時計・天保暦 Old Japanese Clock Lite
App Storeサイトへ  to Download Site

アプリ概要

本アプリは日本で過去に使われていた不定時法の天保暦(に付随する時刻制度)を用いて時刻の表示を行うアプリです。古文書の解読時や和時計の調整など,旧時刻制度での時刻換算が必要なときや江戸時代以前の生活をシミュレートしたい場合などにご利用ください。なお,本アプリは「和時計・日本の時刻制度」の機能限定版に当たります。「和時計・日本の時刻制度」では他の時刻制度(全13種)の利用や時刻の換算・逆換算が可能です。

不定時法

季節により時間を刻む間隔を変える時刻法です。日本では室町時代ごろから明治改暦まで使用されました。時刻の基準が人間の生活リズムと一致する夜明けと日暮れ(厳密には日の出,日の入りではありません)に設定され,これをそれぞれ6分割して辰刻(十二支)があてられました。一般に辰刻は時の鐘の数で呼ばれ,子刻が暁九つ時にあたりますが,鐘が鳴る時刻は辰刻の真ん中で対応していたため半刻(現在の約1時間)の差があります。昼夜の長さは毎日変化することから一年を二十四節気(にじゅうしせっき)で区切り,一節間は同じ時刻が用いられました。天保暦の概要は以下のとおりです。

天保暦  

夜明けと日暮れ(または日暮れと夜明け)の時間を六辰刻に等分。一辰刻は十分(零分開始),一分が現在の約12分。夜明けが明六つ時(あけむつどき),日暮れが暮六つ時(くれむつどき)。暁九つ時(あかつきここのつどき)あたりが現在の午後12時。


江戸時代の天保暦(天保十五年,1844年)に付随する時刻制度。読みは「てんぽうれき」。

備考

  1. 不定時法による時刻の換算には位置と時差が必要ですが,位置はリスト,GNSS,地図の3種類の方法で取得が可能です。時差は経度から自動取得したものを利用者の時間帯に換算しています。
  2. 不定時法の明六つ,暮六つには夜明けと日暮れの太陽高度(-7度21分40秒)を使用しています。高度計算では両差(球差と気差)も考慮しています。
  3. 二十四節気は定気法で分割しています。節気変更のタイミングは夜明けとしています。
  4. 本アプリは世界中で使用可能ですが,不定時法は夜明け・日暮れが一度ずつ発生する地域でのみ利用可能です。日の出・日の入りがない高緯度地域でも夜明け・日暮れが起きる場合は使用できます。
  5. 時の鐘は夜明け・日暮れ間を6等分した時刻(明六つ,暮六つなど)に「時の鐘」の数だけ鐘が鳴ります。なお,捨て鐘は再現していません。
  6. 時の鐘は64回行うと停止します。アプリをアクティブにすると回数はリセットされます。

バージョン履歴

v1.8.1 2017-05-16

バグの修正(ニウエの国旗)

v1.8 2017-04-24

iOS 10のサポート

各種機能の改良

v1.7.1 2016-04-26

バグの修正

v1.7 2016-03-08

時の鐘の通知時に時刻を表示するよう修正

バグの修正

v1.6 2015-12-11

日本語の12時間制度使用時に起動できないバグの修正

国名ジョージア(旧グルジア)の反映

v1.5.1 2015-10-23

文字列の修正

v1.5 2015-10-17

iOS 9のサポート

節気変更時の夜明け時刻を併記

時刻読み上げをリアルタイム音声合成に変更

内部処理の改善

v1.4.3 2015-02-13

時の鐘の音色を改良

v1.4.2 2015-02-03

2015年7月のうるう秒実施対応

v1.4.1 2014-12-12

キーワードの修正

アイコンの追加

AdMobモジュールの交換

v1.4 2014-10-09

iOS 8のサポート

iPhone 6およびiPhone 6 Plusのサポート

バグの修正

v1.3 2014-08-22

「時報」を「時の鐘」に名称変更

「宣明暦」を「第一類(宣明暦)」に名称変更

v1.2.1 2014-06-13

天保暦以外を選択した際のメッセージを修正

v1.2 2014-06-10

アプリ名を分かりやすく変更

二十四節気名をローカライズ(英語版のみ)

都市データベース読み込み方法の改良

v1.0.1 2014-05-14

二十四節気使用時において節気切り替わり時の「次の時刻」を節気変更後の時刻が表示されるよう修正

上中下刻表現法の表示に関するバグの修正

都市リストの修正(英語のみ)

v1.0 2014-05-01

新規リリース

ページトップへ

Outline

This app is a temporeki clock. The temporeki is a temporal hour system that used mainly in the late Edo era (1844-1872). The app is useful when you will read a Japanese historical document, adjust a Japanese clock, mimic samurai life and so on.

Temporal Hour System

Temporeki

It was contained in the temporeki, which is the last Japanese calendar. This method was used in the late Edo era (1844–1872). One shin-koku (辰刻) is one sixth of time from dawn to dusk (or dusk to next dawn), and has ten bu (分). One bu is about twelve minutes in the present.


In general, shin-koku was read as times of a temple bell, and twenty-four-sekki, which is a method that divides one year into twenty-four seasons, had been used because a length of day and night will shift every day. Akatsuki kokonotsu-doki (暁九つ時) is about 12 a.m.

Version History

v1.8.1 May 16, 2017

Fixed a bug.

v1.8 Apr 24, 2017

Supported iOS 10.

Improved functions.

v1.7.1 Apr 26, 2016

Fixed a bug.

v1.7 Mar 8, 2016

Improved to display current time at notifications.

Fixed a bug.

v1.6 Dec 11, 2015

Fixed a bug which occurs when you use 12-hour time in Japanese.

v1.5.1 Oct 23, 2015

Fixed strings.

v1.5 Oct 17, 2015

Supported iOS 9.

Improved internal processes.

Improved to display time when 24-sekki changes.

Modified an announcement sound to the Speech Synthesizer.

v1.4.3 Feb 13, 2015

Improved sounds of the Temple Bell.

v1.4.2 Feb 3, 2015

Supported a leap second which will added on July, 2015.

v1.4.1 Dec 12, 2014

Fixed keywords.

Added icons.

Replaced AdMob modules.

v1.4 Oct 9, 2014

Support for iOS 8.

Support for iPhone 6 and iPhone 6 Plus.

Fixed bugs.

v1.3 Aug 22, 2014

Changed the app icons.

Changed “Time Signal” to “Temple Bell”.

v1.2.1 Jun 13, 2014

Fixed a message which is displayed when chosen except “Temporeki".

v1.2 Jun 10, 2014

Changed Japanese app name.

Localized 24-sekki name.

Improved reading the cities database.

v1.0.1 May 9, 2014

Fixed a bug which displays wrong next time.

Fixed the cities lists.

v1.0 May 1, 2014

New release.

ページトップへ