TOP

標高測定機

ASTI | アプリ Apps | 標高測定機 Altitude Checker
App Storeサイトへ  to Download Site

アプリ概要

標高測定機は現在位置または任意の地点の標高を測定するツールです。測定モードは地図計測モードとGNSSモードの2種類を用意しています。いずれのモードも地図中央部の行政区画名(住所/市区町村大字・町丁目・町字名)が自動検索され,標高値といっしょに表示されます。また,住所をタップする(または設定を変更する)と緯度経度表示に切り替わります。 あらゆる地点の住所または緯度経度と標高が知りたい方に最適です。
 
ちなみに,本アプリは開発者が居住地選定および保険検討の際に,選定値の標高を調べ,レベル湛水法により浸水の可能性の有無を検討するために開発したもので,さらにグリッドを加えるなど改良したものになります。

地図計測モード

アプリを起動した直後は地図計測モードになります。このモードでは地図の中心位置の標高を数値地図を用いて測定します。表示内容は標高,単位,基準面,使用した数値地図の4つです。本アプリの情報では満足できず,より詳しく任意地点の標高値を取得したい場合は基準点情報などをご利用ください。
 
標高データとして地球上の南極大陸を除く範囲全域をSRTM30(SRTM3から作成された30秒メッシュ,日本付近では約1km区画) Version 2でカバーしています。SRTM30は10x10のグリッドでリサンプリングされているため,標高値は最近隣法(Nearest Neighbor)により出力しています。日本国内は国土地理院が提供する標高APIを用い,基盤地図情報の数値標高モデル5mメッシュ〜250mメッシュの値を取得します。標高APIサービスが使用できない場合や通信環境が良くない場合はSRTM30 Version 2の値が使用されます。使用したDEM(Digital Elevation Model)データソースは標高といっしょに表示されます。なお,LPはレーザ計測技術,PSは写真測量技術を用いてDEMが作成されたことを表しています。標高値に「5m LP」と表示される場合,その標高値の精度は±0.15m,標準偏差0.3mとなります。この値は地図情報レベル1000(縮尺1/1,000相当)の標準偏差0.33mを満たす値です。
 
SRTM30 Version 2はバイナリのZIP圧縮状態で約518MBの容量ですが,本アプリでは独自の圧縮技術により約237MBとコンパクト化しています。それでもアプリの容量としては大きい部類に入りますが,通信環境がない場合や標高APIが使用できない場合でもおおよその標高値は取得できるようになっています。出力される標高値は地表面の標高値であり,建物の屋根を指定しても地表面の推定値が返されます。この推定値はフィルタリング処理により得られたものになります。詳しくは国土交通省の公共測量・作業規定の準則などをご覧いただくと作成方法が記されています。

GNSS計測モード

画面下の「GNSS標高測定」ボタンを押すとGNSS(Grobal Navigation Satellite System)計測モードになります。このモードではGNSSで標高を計算します。AppleによるとiPad/iPhone 4以降(5S,5C含む)の場合,GNSSで取得される高さ情報は楕円体高ではなく標高となっていますので同値をそのまま表示します。4S以降はA-GPSとGLONASSが使用され,7以降は追加でQZSS(Quasi-Zenith Satellite System,準天頂衛星システム)も使用されます。使用機種がiPhone 3GS以前の場合は楕円体高が戻りますのでご注意ください。
 
GNSSの特性上,本モードで標高計測できるのは本アプリケーションを使用するiPhone本体のある地点のみ,すなわち利用者の現在地のみです。とくにiPhone本体そのものの地上からの高さ(器械高)が含まれる点が地図計測モードと異なりますのでご注意ください。

設定項目

使用単位

メートル,フィート

特殊基準面

T. P.(東京湾平均海面,旧・東京湾中等潮位)

A. P.(東京湾・荒川・中川・多摩川,T. P. -1.1344m)

Y. P.(利根川および支流,T. P. -0.8042m)

O. P.(大阪港・尼崎港・淀川,T. P. -1.3000m)

K. P.(北上川,T. P. -0.8745m)

S. P.(塩釜港・鳴瀬川,T. P. -0.0873m)

A. P.(吉野川,T. P. -0.8333m)

T. P. W.(四万十川,T. P. +0.1130m)

B. S. L.(琵琶湖,T. P. +84.371m)

※有効桁の関係で実際の補正量は小数以下1位(加算後小数点第2位で四捨五入)までとなります。

住所の表示

オンにすると住所が表示されます。オフの場合は緯度経度が表示されます。ナビゲーションバーをタップすることでも切り替え可能です。

標高APIの使用

オンにすると日本国内において地図表示が一定の縮尺以上になると,地図計測モードの計測値が国土地理院の標高APIが提供する値になります。

指定座標値の更新

指定場所へ移動(矢印)ボタンをタップしたときに表示される座標値を地図画面中央位置の座標値に設定します。オフの場合は一度入力した値が保持されます。

URLスキーム

(書式) alt://lat/lon
lat

緯度

±90度の範囲にない場合は経度の値を使用します

lon

経度

±180度の範囲にない場合は起動のみになります

書式例

東京都庁 alt://35.689568/139.691717

FAQ(よくある質問と回答)

質問:楕円体高とは何ですか?

回答:準拠楕円体から任意地点(GNSS信号受信位置)までの距離のことをいいます。標高は楕円体高からジオイド高を引いた値になります。ジオイドとは平均海面と最も一致する水準面のことで,国内では日本のジオイド2011(GSIGEO2011),海外ではGEOID12B(米),OSTN15(英)などが利用されます。これら三者の関係は下図のとおりとなります。
 
iPhone 3G/3GS内蔵GPSの高さ情報は楕円体高,iPhone 4以降は標高値(海抜値)を返すとのことです。4以降でも楕円体高が得ることができれば標高計算の精度を上げることができる可能性がありますが,現状では取得困難のようです。現在,本アプリでは3G/3GS用にジオイド補正は行っていません。

 

図:標高・楕円体高・ジオイド高の関係

質問:GNSSとは何ですか?

回答:GNSSとはグローバルナビゲーションサテライトシステム(Global Navigation Satellite System)の略で,GPS(Global Positioning System,米),GLONASS(Global Orbiting Navigation Satellite System,露),Galileo(欧)およびQZSS(Quasi Zenith Satellites System:準天頂衛星システム)(日)などの衛星測位システムの総称です。平成23年4月より公共測量に従来のGPS単独使用だけでなくGLONASSの併用が可能となったため,GPS測量のことをGNSS測量と読み替えるよう測量分野で使用されるマニュアル(作業規定の準則)でも規定されました。なお,平成25年4月からはQZSSの使用も可能となると同時に,GPSと同等に扱うことが許可されています。
 
iPhone 4S以降は衛星測位システムを用いた位置情報サービスにAssisted GPS(A-GPS)とGLONASSが利用されますので,本アプリもGPSではなくGNSSと表記しています。なお,iPhone 7からはQZSSもサポートされています。

バージョン履歴

v2.6.5 2016-11-15

iOS 10のサポート

都市の追加修正(アロフィ,富谷市)

バグの修正

v2.6.4 2016-06-02

住所自動検索時に発生するバグの修正

v2.6.3 2016-05-14

URLスキーム(alt://)の追加

v2.6.2 2016-04-29

バグの修正(iAdの回転)

v2.6.1 2016-04-07

ユーザインターフェイスの細部修正

iPad使用時に発生するバグの修正

v2.6 2016-03-04

特殊基準面のバグ修正

ジョージア(旧グルジア)の国名変更

ツールバーアイコンの修正

iPadのサポート

v2.5 2015-10-14

iOS 9のサポート

内部処理の改善

v2.4.1 2015-04-09

緯度経度指定機能の追加

バグの修正

v2.4 2014-12-13

ジオコーディング仕様変更への対応(〒マーク)

広告削除機能の追加

緯度経度表示を地域の書式に対応

v2.3 2014-10-08

iOS 8のサポート

iPhone 6およびiPhone 6 Plusのサポート

標高表示を地域の書式に対応

v2.2 2014-06-03

都市リスト表示方法の改良

都市データベース読み込み方法の改良

v2.1.1 2014-05-03

スプラッシュスクリーンの誤字修正

v2.1 2014-04-27

地図上のコンパスの位置の調整

緯度経度の表示(住所と切り替え可能,設定以外にナビゲーションバーのタップでも切り替え可)

世界の都市リストの修正(コンゴおよび台湾ほか)

日本の都市リストの修正(表示方法,合併した都市など)

基準面の名称変更(東京湾平均海面,四万十川)

データベースアーキテクチャの変更(CoreData)

メモリ使用量の低減

v2.0.2 2013-12-21

アイコンの修正

市区町村検索の町村に郡を追記

行政区域外に役所・役場を置く自治体(福島県楢葉町・富岡町・川内村・大熊町・双葉町・浪江町・葛尾村,鹿児島県三島村・十島村,沖縄県竹富町)の代表点を行政区域内に変更

v2.0.1 2013-09-30

iOS 7上で地図中心マークの位置ずれ修正

iOS 7上でアクションシートの使用を中止

バグの修正

v2.0 2013-09-25

iOS 7のサポート

特殊基準面の琵琶湖(BSL)の追加

役所位置の更新(双葉町など)

ワシントンDCの表示に関するバグの修正

v1.2.1 2013-05-27

位置情報サービスのオンオフ切り替え時の挙動修正

v1.2 2013-05-20

都道府県旗の追加

世界の首都と百万都市リストの修正と国旗の追加

地名検索のタイミングの修正

広告表示の修正

世界の首都と百万都市リストから日本の都市を選択したときに落ちるバグを修正

v1.1.1 2013-05-11

バグの修正

v1.1 2013-05-06

住所表示機能の追加

地図切り替えボタンの追加

日本の全都道府県市区町村リストの追加

世界の首都と百万都市リストの追加

v1.0 2013-04-24

新規リリース

ページトップへ

Outline

This app is a tool which measures an altitude of a current position or arbitrary points. The app has two measurement modes. One is a map measurement mode and the other is a GNSS (Global Navigation Satellite System) mode.

Map Measurement Mode

If the app is executed, it will become this mode. In the mode, an altitude of a center position of a map is measured using a digital elevation model (DEM). The app uses SRTM30 V2 to measure the altitude. A GSI's API can be used if you turn ON a "Use GSI's API" switch on a settings screen. The API can compute Fundamental Geospatial Data (FGD) in Japan.

GNSS Mode

Tap on "Get GNSS-Altitude" button will start the GNSS mode. In this mode, the altitude is calculated by GNSS. If you are using iPhone 3G/3GS, an altitude value is an ellipsoidal height.

Settings

Unit

Meter or Foot

Special Datum

Default (MSL - Mean Sea Level)

A. P. (Arakawa River - Arakawa Peil)

Y. P. (Tonegawa River - Yedogawa Peil)

O. P. (Yodogawa River - Osaka Peil)

K. P. (Kitakamigawa River)

S. P. (Narusegawa River - Shiogama Peil)

A. P. (Yoshinogawa River - Awa Peil)

T. P. W. (Shimantogawa River)

B. S. L. (Biwako Lake - Biwako Surface Level)

Display address

It displays address of current location. If this switch is off, it displays coordinates instead of the address.

Use GSI's API

The above‐mentioned.

Update Inputted Coordinates

It automatically updates coordinates in the “Jump to Point” page to a current position on the map.

URL Scheme

(Format) alt://lat/lon
lat

Latitude (double value)

If the latitude is not in the range of ±90 degrees will replace the latitude and the longitude.

lon

Longitude (double value)

Example

alt://35.689568/139.691717

FAQ

Q: What is an ellipsoidal height?

A: A definition of an ellipsoidal height is shown in a figure below.

 

Fig.: The ellipsoidal height

Q: What is a GNSS?

A: GNSS (Global Navigation Satellite System) is a satellite-based locating and navigating utility to provide real time data to determine a user’s precise latitude, longitude and altitude by tracking signals from satellites. Examples of GNSS are the United States' Global Positioning System (GPS) and the Russian Federation's Global Orbiting Navigation Satellite System (GLONASS). An iPhone 4S and later can use the both systems.

Version History

v2.6.5 Nov 15, 2016

Supported iOS 10.

Fixed bugs.

v2.6.4 Jun 2, 2016

Fixed a bug in the automatic address search.

v2.6.3 May 14, 2016

Added a URL Scheme (alt://).

v2.6.2 Apr 29, 2016

Fixed bugs.

v2.6.1 Apr 7, 2016

Improved the UI.

Fixed bugs on iPad.

v2.6 Mar 4, 2016

Fixed a bug.

Supported iPad.

v2.5 Oct 14, 2015

Supported iOS 9.

Improved internal processes.

v2.4.1 Apr 9, 2015

Added a function which moves directly to inputted coordinates.

Fixed bugs.

v2.4 Dec 13, 2014

Fixed displaying an address in Japanese.

Added a function which removes ads.

Fixed displaying values of latitude and longitude.

v2.3 Oct 8, 2014

Support for iOS 8.

Support for iPhone 6 and iPhone 6 Plus.

Support for region formats.

v2.2 Jun 3, 2014

Improved a movement when selecting a city from the cities list.

Improved reading the cities database.

v2.1.1 May 3, 2014

Fixed launch images.

v2.1 Apr 27, 2014

Fixed position of the compass.

Added to display coordinates of current location.

Fixed cities lists.

Fixed words.

Changed a database architecture.

Reduced a using memory.

v2.0.2 Dec 21, 2013

Modified icons.

Modified location of some cities.

v2.0.1 Sep 30, 2013

Fixed the position of the center mark on iOS 7.

Deleted action sheets on iOS 7.

Fixed a bug.

v2.0 Sep 25, 2013

Supported iOS 7.

Added a datum BSL.

Updated a location of some city halls.

Fixed a bug about a location of Washington, D.C.

v1.2.1 May 27, 2013

Fixed bugs when location services are switched.

1.2 May 20, 2013

Fixed a list of capitals and megacities in the world.

Fixed a list of all cities in Japan.

Fixed an advertising display method. iAd takes priority over other ads.

Fixed timing of an inverse geocoding.

Fixed coordinates of cities in Japan.

v1.1.1 May 11, 2013

Fixed bugs.

v1.1 May 6, 2013

Display an address.

Added a change button of map types.

Added a list of all cities in Japan.

Added a list of capitals and megacities in the world.

v1.0 Apr 24, 2013

New release.

ページトップへ