TOP

検索エンジン最適化

アマノ技研では各種ウェブサイトのSEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)やLPO(Landing Page Optimization:閲覧開始ページ最適化)の支援も行っています。
SEOとはGoogleやYahooなどの検索エンジンを対象に,検索結果でより上位に現れるようにウェブページを調整する技術のことを言います。SEOでは検索結果で上位に表示させたいキーワードを設定しますが,サイト関係者のみ知るキーワードが選定されている事例を多く見かけます。サイト関係者しか知らないサービス名や製品名がキーワードの場合,そのキーワードをテレビCMやラジオCMで周知する場合は活きてきますが,ほとんどの場合はサイト関係者,すなわち自社役員・社員,サイト製作委託先しかアクセスしないキーワード(当事務所では関係者用キーワードと呼んでいます)となります。つまり潜在顧客への宣伝効果がない,潜在顧客にとってはサイトの存在に気づけない状態に陥ってしまいます。
他の例では,たとえばリスティング広告(Google AdWordsなど)の利用時に「歯医者」といった汎用的すぎる(広い商圏を持たないのに全国的な)キーワードで顧客となり得ない集客を大量に行ってしまっていたり,「(会社名) 通販」での検索で自社通販ページが検索エンジンのトップに掲載されているにもかかわらず,リスティング広告でさらにかぶせて表示してクリックさせてしまうといったムダ(広告費の払い損)が発生しています。
基本的なSEOはGoogleが提供するガイド(SEOスターターガイド)におおむね記載されています。最近ではとくにSNS(Social Networking Service)の影響が強くなりつつあり,Facebookなどからの被リンクがPV(ページビュー)数向上に大きな影響を及ぼしますので(本文執筆2016年4月時点),ビジネスアカウントがない方はその設置を推奨します。ただし,SNSではPVは増加しても参照元ドメインや参照元クラスCなどは増えませんので,向上させたい項目に合わせて取捨選択する必要があります。具体的な対策が難しい場合は是非ご相談ください。なお,当事務所ではアクセス解析をベースにこれらの助言・指導を行う場合があります。アクセス解析設定がなされてない場合は,それらの設定も当事務所でお手伝いしております。

図:ページビューとユーザ数の日次集計

ページトップへ

Sorry, this service is only in Japanese.
ページトップへ